風景 風景
魚介類

お礼品がもらえる

ふるさと納税を利用することによって、お礼品をもらうことができます。地域によってもらえる品は異なるので、ホームページなどで比較をして選んでおくことが大切であるといえるでしょう。

畑

何回でも利用ができる

ふるさと納税は1回限りでなく、何回でも利用ができます。好みにあった複数の自治体から提供されているお礼品が気になるという場合に活用できるので注目度は高いといえるでしょう。

食材

ネットから申し込み

ふるさと納税はネットからでも簡単に申し込めるので、気軽に活用することができます。郵送や電話といった手間がないので、誰でも簡単に利用ができる制度として注目は高まっていくことでしょう。

ふるさとからの恩恵

果物

地域によって持つ特色は異なっています。ふるさとの良さを知りたいという場合は、それぞれの特産品を食べてみるのも良いかもしれません。また、実際に訪れて観光名所を周るという楽しみもあります。そんな願いを叶えてくれるのが、ふるさと納税であり、お礼品を通してふるさとの恩恵を受けることができます。それだけでなく、ふるさとへの寄付金は活性化に必要な資金として生かされるため、寄付者と自治体それぞれにメリットがある制度といえます。今では、ネットからでも寄付の手続きが可能となっているので、いつでもどこでもふるさと納税を利用することができます。また、お礼品を予めチェックできるので、欲しい物を見つけて、その自治体に寄付をするという選択があります。果物やお肉、野菜、お菓子、海産物など食べ物を中心に展開されているため、美味しいものを食べたいなと思ったらふるさと納税に着目してみるのも良いといえます。

各自治体に寄付をしたお金については、確定申告によって一部控除が受けられる場合があります。確定申告の際に寄付証明書や手続きに必要な書類を準備し、提出をしておく必要があります。実質の負担が2000円になるくらい、多くの控除が受けられると注目されています。控除の額については、寄付をした金額に応じて決められます。なお、控除が受けられる金額については上限が設定されているため、その点を理解した上で、ふるさと納税を利用していくことが大切なポイントであるといえます。このように、お礼品や寄付金の活用以外にもメリットを持っているということで、利用して損はないといえるでしょう。

ふるさと納税で注目されているお礼品ですが、人気が高いあまり、早々と受付を終了することもあります。特にお米やお肉は絶大な人気を誇っているため、寄付が殺到されているといわれています。ネットのお礼品のカタログで気になる所を見つけたら、早めに申し込んでおくことが大切であるといえます。なお、複数回でも寄付が可能なふるさと納税であるため、気になる物を見つけたらいくらでも寄付を通じてお礼として贈ってもらうことができます。旅行券や宿泊券がお礼品であれば、旅行の際に活用できるのでそれも人気が寄せられています。